うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

毎日の器-飯碗-

荒賀文成さんの個展から、
粉引飯碗2種をご紹介します。

13_araga_1877.jpg
左:粉引飯碗 2,730円 径12cmH7cm
右:粉引ゴマ手飯碗 2,730円
平均のサイズW13.5cmD12.5cmH7.2cm


左の飯碗は、滑らかな釉調としっとりした素地の、
穏やかな表情をもつ粉引飯碗です。

13_araga_1880.jpg

化粧土を施すときにできる、
厚みや濃淡、ながれが焼成して、
赤味や土味が見え隠れしています。

13_araga_1878.jpg

右の少し大振りの飯碗は、
質感もざっくりして男性的です。

13_araga_1879.jpg

素地に含ませている鉄や石が、
焼成で溶け出してゴマになったり、
ハゼたり吹き出して凹凸になったりと、
ダイナミックな表情をみせています。

どちらも粉引ならではの醍醐味として、
使い込んでいくことでゆっくり侘びていき、
愛着が湧いてくる飽きのこない飯碗です。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2623-3977a090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad