うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

盛って注いで美味しい片口鉢

小野寺友子さんの個展から、
炭化を白磁の2つの片口をご紹介します。
小野寺さんの器ですから、
まずは盛って料理が映える片口鉢に、
重きをもって作られているそうです。

13_onodera_2359.jpg
左:炭化片口鉢 4,830円 W21cmD15.5cmH8cm
右:白磁片口鉢 4,830円 W18.5cmD15cmH7cm


が、そこは小野寺さんのこと、
魅力的な姿にする口というだけではなく、
ごく自然に、するすると注げ、
無理ない切れを見せてくれます。

13_onodera_2360.jpg

片口鉢は一点物として作られているので、
自然な程度に歪ませてあり、
一つずつの姿を持たせ、
器自体に存在感を与えています。

13_onodera_2361.jpg

注器の片口より低いフォルムで、
盛りやすく食べやすい器に仕上がっています。
客側正面から口を左にしてという、
自然な配置から、アシンメトリーな器になり、
食卓のしつらえに変化を生み出すところも、
片口鉢の楽しいところです。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2647-7f5dc161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad