うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

オシャレなデザートカップ

巳亦敬一さんのガラス器は、
日常で使える機能と価格を満たしていながら、
クオリティは食器の世界を越えています。

13_mimata_2514.jpg
デザートカップ蕾 R 3,675円 径12cmH7.5cm

ご紹介するデザートカップを例にして、
お話ししてみます。
色はベージュと、赤か緑でまとめられていますが、
カップにある赤は文様を埋め込んでいます。
これは、トンボ玉の要領であらかじめ作って置きます。
カップのベージュとステムの赤も、
色ガラスのパウダーを作っておきます。

13_mimata_2516.jpg
デザートカップ蕾 G 3,675円 径12cmH7.5cm

ここまでは、下準備です。
料理ならば仕込みと言うところです。
カップをステムの構成を、
文様を入れ、それぞれ色を巻き込み、
吹きガラスで作り上げます。

13_mimata_2513.jpg

ただ、ディテールを見ると、
カップ縁は輪花に処理されていて、
ステムのベースは四角です。
それぞれ型ではなく吹いている段階で、
巳亦さんの手業で施されていきます。

13_mimata_2515.jpg

出来上がりはさりげなくまとまっていて、
だからこそ、可愛い色合いでも気品があるのでしょう。
それは巳亦さんの高い手仕事の技が、
あってこその完成度高いオシャレなデザートカップです。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2661-63da7496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad