うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

意図と偶然

開催中の荒川尚也宙吹きガラス展から、
今日はアワ皿をご紹介します。

13_arakawa_3179.jpg

荒川さんのアワ使いの上手さは、
アワが美しく効果的になるような、
澄んだ素地を作っていることと、
アワを意図しデザインしたように施せることです。

13_arakawa_3180.jpg
あわ皿中 5,775円 径23cmH2cm

といいながらも、
意図的に、計画的に、
アワを入れる作業をしていまがら、
最後の部分は偶然にゆだねざるを得ません。

13_arakawa_3181.jpg
あわ皿中 6,300円 径23cmH2.2cm

それでも、数多く手がけてくると、
おおよその予測ができたり、
方向性は頭に描けていて、
その上で、偶然が左右する部分が、
器の中のアワが生き物のように、
個性を発揮してくれると、
偶然にゆだねていると甘庵は思います。

13_arakawa_3182.jpg

じっさい、ご紹介する二つのアワ皿も、
さっと見れば、荒川さんらしい皿2枚ですが、
少しだけ息をととのえて見てみると、
まだ柔らかな表情の素地の中のアワが、
まだ動きと息吹を感じられるほどに、
それぞれに異なる動きを表情を見せています。

これだけ違う表情のガラス器だからこそ、
一期一会の出会いがあり、
選ぶ方との波長の共振も必要なのでしょう。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2701-7071c565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad