うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

長皿と陶額

真夏恒例感謝祭から、
今日は、横に長いもの2つをご紹介します。
一つは、長皿。
もう一つは陶額、壁に掛けるプレートです。

13_kansya_0081.jpg
定価の25%引き!!
丸銀会員は定価の30%引き!!
稲垣明子 面取り長皿 定価7,500円 W44cmD16.5cmH1.6cm


長皿は丸が多い皿の中にあって、
形からも食卓にアクセントを持たせ、
盛りつけにも、楽しみが増えます。

13_kansya_0204.jpg

ご紹介している稲垣さんの長皿は、
平たい物でありながらも、
面取りされた個性が光っています。

13_kansya_0202.jpg
定価の30%引き!!
武田千秋 陶額 定価10,000円 W37cmD18cmH3.7cm


本来和の器は使えると同時に、
釉調や土味などから、
それぞれに魅力のある質感や表情を持ち、
存在感のあるものが多く、
それをもう一歩意欲的に作られたものが、
壁に掛ける彫刻、陶額です。

13_kansya_0203.jpg

もちろん、器と同じ手法で焼かれているので、
料理を盛りつけて楽しんでいただけます。
少し気張って演出して盛りつける、
そんな楽しみ方にはぴったりの皿でもあります。

              甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2723-87e680f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad