うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

三つの白いマグ

荻窪銀花で開催中の田崎宏さんの個展から、
今日は3つのマグカップをご紹介します。

13_tazaki_0325.jpg

同じ白磁のマグカップでも、
フォルムや鎬の削り出し方で、
それぞれの個性を引き出しています。

13_tazaki_0326.jpg
マグカップA 3,675円
径9.3cmH8cm



一つ目のマグカップは、
腰からゆったり端反りの口まで、
自然な広がりの形と、
腰部分に大きめの鎬を施された、
直線的でシャープにまとまっています。

13_tazaki_0327.jpg
マグカップB 3,675円
径7.7cmH8.8cm


二つめは腰に膨らみがあり、
口もとの下で少しくびれる姿と、
鎬も螺旋状に削られていて、
全体に緩やかな曲面をおびた、
柔らかな印象を持つマグです。

13_tazaki_0328.jpg
マグカップC 3,675円
径9.2cmH8.3cm


三つ目のマグカップは、
細かな鎬が施されていて、
釉だまりから、
わずかに青みを帯びて見え、
静かで繊細な印象を持たせる、
穏やかな表情のマグカップです。

毎日使う器だからこそ、
自分の好みで選びたいものです。
田崎さんらしさ活かされながらも、
それぞれに個性あるマグカップも、
候補にいれてみてください。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2742-39d61314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad