うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

盛って食べ注いで飲んで

多用な器として代表的なソバ猪口を、
秋の器展から大小3種ご紹介します。

13_autumn_0054.jpg
井上奏 安南手そば猪口 2,800円
径9.5cm6.5Hcm


井上奏さんの安南ソバ猪口は、
たっぷりと大きめで、
小鉢としても大活躍します。
安南のお約束通りに、
多めに施した釉薬の下に、
ゆったり描かれた絵付けが、
ガンガン焼いて滲んだところが、
まだ若い作り手なのに、
趣あるとことは、師匠光藤佐さん譲りです。

13_autumn_0055.jpg
小野寺友子 白磁カップ 2,100円
径8.5cmH6.5cm


小野寺友子さんの白磁カップは、
多用な器のソバ猪口を、
モダンにデザインされています。
少し濁りのある素地は、
飲み物からデザートまでイメージが広がる、
ソバ猪口形の器です。

13_autumn_0056.jpg
鶴見宗次 手ひねり猪口 2,100円
径8.8cmH7cm


鶴見宗次さんのソバ猪口は、
手ひねりのテクスチャーが、
大きく見える存在感を持たせ、
料理が映えます。
釉がかからず、ざっくりして土味からは、
想像出来ないしっとりした口あたりです。
それは、素地に木灰を施し、
限界まで焼かれて、
ガラス質かしている器だからです。

素麺や冷や麦など冷たい麺が美味しい夏に、
出番の多くなるソバ猪口という印象がありますが、
盛って食べ注いで飲んで、
四季を通しで使い勝手が良い器ですから、
すこし「しっとりとこっくりと」した、
ソバ猪口を3種ご紹介しました。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2762-a7427201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad