うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

秋の野草

一昨日、八ヶ岳の麓に住む作り手から、
野草をいただきました。
秋の器展の花器に投げ入れてみました。
甘庵が生けたのですから、
生け花としては論外なのですが、
秋の風情が愛おしく、
花器のご紹介と一緒にご覧ください。

13_autumn_1005.jpg

花器は藤田佳三さんの俵壺花器です。
本体はロクロで挽いて口を閉じ、
中空の俵形を横にして、
口を高台と付け整え、
本体部分には刷毛目粉引を施してあります。


13_autumn_0024.jpg
藤田佳三 俵壺花器 19,950円
W19cmD12cmH15cm


李朝陶器のリスペクトです。
ゆったりとして、大渡かなフォルムと、
柔らかな土味が、
こっくりとしっとりとした気配を醸し抱いています。

13_autumn_0025.jpg

俵形の本体部分はアシンメトリーで、
ムラのある刷毛目粉引もあって、
しつらえる角度を変えると、
表情の変化を楽しめます。

生け花の心得がなくても、
花を生けることを楽しみたくなる、
優しい花器です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2763-aa0b7930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad