うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

木の靴べら

今日は武井順一さんの個展から、
踵に柔らかな靴べらをご紹介します。

靴べらと台部分はナラで、
靴べらを受ける円筒部分はヒノキで、
3つのパーツで構成されています。

13_takei_0154.jpg
靴べら・靴べら立て 12,600円
ナラ・ヒノキ ウレタン仕上げ
径12.5cmH47cm/


主役の靴べらは、
堅く粘りがあるナラから削りだされた、
モダンなフォルムで、
滑らかな曲線は心地のよいグリップ感を、
与えてくれています。

13_takei_0155.jpg

受けの円柱はヒノキ材を丁寧に刳り、
一カ所スリットがあります。
乾燥による割れ防止もあるのですが、
靴べらの納まり場所になり安定します。

13_takei_0156.jpg

ベースのナラ材は、
材として密度の高い、
重い部分を選んでいて、
背の高い靴べらを無造作に立てても、
揺らいだり倒れることがないという、
配慮がある組み立てになっています。

玄関先での使っても一日一回の道具ですが、
使い勝手の良さが、
出かけるときの気持ちを、
上昇気分にさせてくれる、
素敵なフォルムがアクセサリーにもなる、
玄関のアイテムです。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2774-e4de47bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad