うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

静かな華やかさ

多くの作品に隈無く絵柄が施された、
中條正康さんの器の中にも、
実は絵柄のない渋い器があり、
今回の個展にも届いています。

13_cyujo_0200.jpg
青磁輪花形打鉢 8,400円 径15cmH5cm

ご紹介する青磁輪花形打鉢です。
六弁の花型を使って、
素地を締めるように押さえて、
作り上げた器には、
グレーがかった厚めの青磁釉と、
六弁の輪花に赤地金彩が施されています。

13_cyujo_0201_20131105105023c6e.jpg

絵柄こそありませんが、
行程は色絵や金彩と同じです。
上品で気品溢れる形に、
渋い色調の釉薬と渋い上絵は、
静かな華やかさを携えています。

13_cyujo_0202_20131105105025ab2.jpg

料理を一番華やかに、
盛り映えすること間違いない、
正統派の平鉢です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

とても良いブログですね。
もしよろしければトップページ同士の相互リンクしませんか?
こちらは既にリンク登録完了済みです。
よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2794-9094dffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad