うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ピチャーの楽しみ

今日は西川孝次さんの個展から、
大小のピチャーをご紹介します。

13_nishikawa_0173.jpg
青緑ピッチャー 11,550円
W16cmD12cmH14cm 八分目で600cc


ピチャーは片口同様に注ぎ口や取っ手があり、
方向性のある形から目からも楽しめる器です。

13_nishikawa_0174.jpg

飲み物、汁、ソース、ドレッシングや調味料など、
使い方も食材や料理が豊富な、
私たちの食卓で活躍します。

13_nishikawa_0175.jpg
左:スキピチャー 3,885円
W9cmD7.5cmH10cm 八分目で200cc
中:淡青面取ピチャー 4,200円
W10cmD7.5cmH11cm 八分目で300cc
右:うぐいすピチャー 3,990円
W10cmD9cmH10cm 八分目で200cc


注ぎ入れてサービスしたり、味を決める作業は、
食べる時には演出にもなる時です。
個性があり魅力的な西川さんのピチャーは、
その場をより効果的にし、
いっそう料理を楽しむことが出来ることでしょう。

13_nishikawa_0176.jpg

また、注ぎ口と取っ手のある愛らしい姿から、
注器としてはお休み中には、
花入れに見立てて楽しむのも、
自由な使い方からの広がりです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2812-f47a46e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad