うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

小さいけど表情のあるクリーマー

西川孝次さんの仕事は、
ダイナミックな部分と、
細やかな部分のバランスが良く、
出来上がったガラス器は、
小さくても威風堂々としていて、
表情が豊かです。
そんなクリーマーをご紹介します。

13_nishikawa_0192.jpg
左:青ポッチクリーマー 2,625円 W6.5cmD5cmH8cm
中:セレンクリーマー 3,885円 W7cmD5.5cmH7cm
右:セレンクリーマー 3,885円 W8.5cmD6.5cmH8.5cm


両手くるむと隠れてしまうほどの、
大きさのクリーマーですが、
こうして画像でみると、
ピチャーやジャグに見えるほど、
フォルムのバランスが良く、
納まりもしゃきっとしていて、
使い勝手の心地の良さが想像出来る、
器の美しさがあります。

13_nishikawa_0194.jpg

上手な型使いから生まれたポッチや面取り、
心が華やぐ色使いも、
器が小さい分活きています。

13_nishikawa_0193.jpg

注ぎ口とハンドルがあるために、
アシンメトリーで、方向性のある姿は、
器一つ一つにそれぞれの顔つきを与え、
より個性を光らせます。

クリーマーとしてお休みと時には、
小さな花を生けて見たくなるような、
キュートなガラス器です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2818-968ca503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad