うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

晴れの日に使いたい大きな鉢

メリークリスマス
今日は水曜日ですが、荻窪銀花は営業しております。
ぜひご来店ください。

さて、開催中の山口利枝さんの今回の個展には、
お正月をイメージされて作られた器が、
昨日の角鉢以外にも届いています。

13_yamaguchi_0120.jpg

大鉢や大皿がそれで、いつになく多く並んでいます。
山口さんに器は内容からとてもリーズナブルです。
大きな器はさらにお得感が感じられます。

13_yamaguchi_0123.jpg
菊文ならび鉢 12,600円 径24.3cmH9.5cm

そして大きな器ならではの、
ゆったりした広がりがあって、
山口さんらしさがいっそう表現出来ています。
今日はその中から3点を紹介してみます。

13_yamaguchi_0121.jpg
花文皿 18,900円 径28cmH6.5cm

どれも鉄と呉須を使った絵付けですが、
仕上がりからの印象はそれぞれです。

古典的な印象の絵柄の花文皿、
今年の新柄の菊文ならび鉢、
モダンな渕に鉄呉須丸鉢と、
形にあった絵付けはそれぞれ魅力的で、
一つ選ぶのに迷う楽しさがあります。

13_yamaguchi_0122.jpg
渕に鉄呉須丸鉢 12,600円 径24.5cmH10.3cm

皿は九寸以上、鉢は八寸以上あり、
晴れの日のご馳走を盛りつければ、
いっそうの美味しさが広がるでしょう。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2837-2a303519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad