うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

非日常の形 1

寿ぎの器展から長い皿をご紹介します。
普段使う器のほとんどが、
ロクロで挽かれた円形の皿や鉢です。

14_kotohogi_0193.jpg

今日と明日にご紹介する長皿と舟形皿は、
寿ぎの器にふさわしい、
凛とした気品を漂わせています。

14_kotohogi_0198.jpg

青白磁長皿 28,000円
W60.5cm D16.5cm H4cm


まず今日の野波実さんの白磁長皿は、
本当に長い皿で、よく焼いたものだと感心します。
少しだけ青みがかった柔らかな表情の白磁は、
盛りつけた料理を映えさせて、
晴れの場を華やかに演出します。

14_kotohogi_0196.jpg

手仕事の長い皿の多くは、
作りかたもあって、完全に一品になるため、
器自体に力がみなぎっています。

14_kotohogi_0197.jpg

ガツンとボリューム一杯にたっぷり盛っても、
空間を見せるようにゆったり盛っても、
受け取れる存在感がある頼もしい器です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2844-2c560eb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad