うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

普段使いから晴れの場まで

開催中の寿ぎの器展から、
片口鉢をご紹介します。

14_kotohogi_0167.jpg
藤田佳三 染付片口小鉢 4,200円
径13.5cmH5.8cm


片口は和の文化として好まれる、
アシンメトリーな形から、
注ぎ入れる用の道具から、
食卓でも活躍する器として、
親しまれています。

14_kotohogi_0163.jpg
本間幸夫 本朱片口 16,500円
W15cmD12cmH6cm


片口の注ぐ機能を保ちながら、
盛り映えを楽しむ片口鉢なら、
お酒を注いだり、
一品を印象深く盛りつけたり、
汁やタレの入れ物として使われたり、
氷り入れにして溶けた水を注いだりと、
多面的な使い方を見せます。

14_kotohogi_0158.jpg
小野寺友子 白磁片口鉢 4,830円
W18cmD14.5cmH7cm


そんな片口鉢も、
ご紹介している3つの片口鉢のように、
凛とした気品があれば、
晴れの場にもたくさんの出番があります。
普段使いから晴れの場まで、
気軽にも気合いをいれても、
対応できる力強い器です。

        甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2849-1cbecc75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad