うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

花を生けて祝う

特別な日には、
花も生けたくなります。
そんな時にお薦めしたいのが、
ご紹介する藤田佳三さんの、
華やかな花器です。

14_kotohogi_0122.jpg
藤田佳三 色絵四足花入れ 21,000円
W8cmD5.5cmH19cm


一輪の花を生けるだけで、
その場が華やぎ、
祝う心が広がります。

花器自体に華があるので、
時には花器そのものを飾ることで、
華を添えられます。

14_kotohogi_0123.jpg

表裏の絵付けが異なり、
生ける花や、飾る時に応じて、
選ぶこともできます。

単品の作品として作られただけあり、
大きさ以上の存在感があり、
粉引ベースの地肌を活かして描かれた、
色絵が美しい秀逸な一品です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2851-1e29b055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad