うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

妖精が住んでいそうな灯りの家

初めに昨日のブログで、
6寸角皿がリーズナブルとご紹介しながら、
肝心の価格を間違ってしまいました。
正しくは1客1,575円です。
粗忽者の甘庵のミスです。ごめんなさい。

14_mikami_0109.jpg

さて、今日は開催中の三上洋さんの個展から、
灯りの家の「三角屋根の家」をご紹介します。

14_mikami_0111.jpg
三角屋根の家 9,450円
W13cmD12cmH17.5cm


三上さんの灯りの家の多くが、
赤い瓦葺きなのですがこの三角屋根の家は、
「こけら葺き」のような木の薄板か、
葉っぱのような自然素材で葺かれている、
森の妖精が住んでいそうなイメージです。

14_mikami_0142.jpg

円筒形の建物に沿って登る、
アプローチの階段、
玄関の小屋根のしたには、
やさしく迎え入れる外灯付き、
煙突や、突き上げ窓が付いた、
小さいけど温かい気持ちになる、
居心地良さそうなお家に見えます。

14_mikami_0141.jpg

この灯りの家を玄関に点しておくと、
夜に帰宅したとき、尋ねて来たときに、
5Wのナツメ球を点してあると、
(LEDナツメ球だと0.5Wの消費電力です)
温かな気持ちで迎えられる、
優しさが嬉しいと思います。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2875-62cc2638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad