うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ゆったりした酒器

久保田信一さんの個展から、
ぐい呑みと片口をご紹介します。

14_kubota_0155.jpg

久保田さんは、食べることが大好きで、
器は作りのパワーの基本になっていますが、
その延長上に欠かせないのがお酒です。

14_kubota_0156.jpg
縞文ぐい呑み 2,500円
長石釉 径5.8cmH4.2cm


そんな久保田さんの作る酒器は、
食事をより美味しく楽しくする、
お酒がイメージできる酒器です。

14_kubota_0157.jpg
鉄流描ぐい呑み 2,500円
長石釉 径7.2cmH3.2cm


ぐい呑みも片口も、気どるところのない姿ですが、
酒器としての凛とした心地良さをもっていて、
どちらもゆったりした気持ちになる酒器です。

14_kubota_0158.jpg
鉄流描片口 3,200円
長石釉白土 径14cmH6cm


料理を楽しみながら、
酒を汲み、呑み味わう、
穏やかな食卓が思い浮かびます。

14_kubota_0159.jpg

片口には料理も盛りたくなるし、
ぐい呑みにも珍味や薬味を入れて、
器として使いたくなる、
親しみがあります。

いつもにこやかに相手のお話を、
楽しそうに伺う様子の久保田さんの人柄が、
酒器のもっている印象と重なります。
やはり器は作り出す人の分身のようです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2886-7c33d5c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad