うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

お玉三兄弟

開催中の寺山光廣さんの銅を鍛つ展から、
今日は、3タイプのお玉をご紹介します。
お玉の掬う部分がそれぞれで、
丸、玉子、玉子横の3タイプです。

14_terayama_0144.jpg
左:お玉 玉子横 8,000円 W9.9cmD8.1cm取っ手L26.4cm
中:お玉 玉子丸 7,000円 径8.6cm取っ手L26.2cm
右:お玉 玉子小 8,000円 W7.5cmD9.5cm取っ手L25cm


御御御付けが思い浮かぶもの、
スープがイメージ出来るもの、
瓶などへ注ぎ入れる姿が連想するものと、
お玉それぞれの活躍場面が、
個性ある兄弟のようです。

14_terayama_0146.jpg

掬う部分は銅の打ち出しで、
柄の部分は少し堅い真鍮です
既製のお玉とは違い、
手にしたときに、ずしっと来るところが、
料理への気構えを奮い立たせてくれそうです。

14_terayama_0147.jpg

脇役の道具でありながらも、
隅々まで手で作られた納まりをもつ、
美しい姿に「用の美」を感じ取れる、
顔つきの違うお玉三兄弟です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2910-3b317725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad