うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

格調のある備前小壺

蔵出し逸品展から川端文男さんの、
格調高いフォルムの備前小壺をご紹介してみます。

14_ippin_0029.jpg
川端文男 備前小壺 48,000円
径14.5cmH16cm


表裏が全く違った表情をみせる、
薪窯の窯変を楽しめる作品です。
現在の川端さんの仕事とは少し違いますが、
若いころの作品で今の骨格となっている、
彩気を改めて感じていただける逸品です。

14_ippin_0030.jpg

返した縁作り、耳付きの安定した姿、
トラッドで品格のある気配に溢れて、
侘びた趣と味わいをもちながら、
細やかな配慮の納まりが見て取れます。

共箱も塗蓋もありませんが、
整えれば水指しとして、
力を発揮することが伺えます。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2947-0196d1cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad