うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ガラスの器に咲いた手わざの花

巳亦敬一さんの個展から今日ご紹介するのは、
花シリーズの皿と大小のボールです。

14_mimata_0169.jpg
左:ボール(花) 17,280円 径19cmH8.5cm
中:ボール(花) 茶 4,320円 径12.2cmH6.3cm
右:皿(花) G 16,200円 径11.8cmH4.5cm


それぞれのフォルムの違いを活かしながら、
赤茶のフレームに囲まれた見込みに、
緑地に白い花が咲いています。

渋めでいて暗くない、
アクセントの花文様があるのに、
盛り映えし飽きがこない、
巳亦さんらしいデザインは、
計画的なきっちりして下仕事と、
巳亦さんの巧みな技があってこそ、
出来ているガラス器です。

14_mimata_0166.jpg

トンボ玉状の花文様のパーツを作り、
縁になる赤茶のガラスパウダーを作り、
躊躇なしのホットワークで、
作り上げていきます。

理屈通りにはなかなか出来ない仕事な上に、
作っているときに技量にゆとりがあるからこそ、
器としての魅力や使い勝手や納まりへの、
目配りをしながら作られています。
14_mimata_0167.jpg

数物はスタッキング性が良い形。
少しでも丈夫にと言う配慮の口端。
盛りやすい見込みの花文と縁のバランス。
どれにも共通のそれぞれが美しい姿。

毎年届くガラス器を手に取りながら、
炎との格闘に近い高温作業で、
さりげなく作り上げて行く巳亦さんの技を、
思い浮かべ感じいっています。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2961-3c96eab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad