うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

なます皿 粉引

小野寺友子さんの個展から、
今日は人気定番の「なます皿」をご紹介します。

14_onodera_0023.jpg
粉引なます皿 4,104円 径18cmH5.5cm

「なます皿」というのは蕎麦猪口や飯碗のように、
伊万里染付など伝統的な器では、
一般的な呼称なのですが、
あまり使われなくなっていますね。

それでも、伝統的な和食のお店で見かけたり、
古い器に興味があるかたには馴染みがあり、
また、使い勝手の良さをご承知のはずです。

14_onodera_0024.jpg

モダンなフォルムの器が多い小野寺さんが、
古典の器の「なます皿」リスペクトし、
少しだけアレンジを加えてはいても、
「なます皿」の基本を活かして作っているのも、
この器の良さを知っているからです。

身近で使う器作りを目指している小野寺さんにとって、
まさに盛って映えて使い勝手の良さが、
今風の料理や食材にもぴったりで、
家庭で使うための器の要素を、
たくさん備えている器だからです。

14_onodera_0025.jpg

古典的な「なます皿」は、染付や色絵が多く、
小野寺さんも絵付けこそありませんが、
オリジナルは白磁なのですが、
今回は「粉引バージョン」が届いていて、
ざっくりした土っぽい質感も、
新しさを感じる良「なます皿」です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2968-af8535f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad