うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

土と泥と火で出来てるのに涼しそう

涼しさをよぶ器展から、
光藤佐さんの刷毛目皿をご紹介してみます。

14_cool_0158.jpg

穴窯といるシンプルな窯で薪で焼かれた器です。
光藤さんらしい切れのあるロクロで引き出されて皿に、
化粧土をお手製の刷毛でグルグルっと、
引かれた潔い勢いが心地よく仕上がった皿です。

14_6_cool_0147.jpg
光藤佐 刷毛目鉢6寸 6,000円 径17.5cmH4.5cm
光藤佐 刷毛目鉢5寸 5,000円 径14.5cmH4.5cm
光藤佐 刷毛目鉢4.5寸 4,000円 径13cmH4cm


刷毛目からは時々でいろいろなイメージが浮かびますが、
今の季節には、水の流れのようにも見えてきます。
これも、うつわ好きの都合のよい発想なのでしょう。

14_6_cool_0148.jpg

白磁や青磁のようなわかりやすい涼感ではないのですが、
暑苦しい感じはなく、使いたくなる器です。
水に浸し、瑞々しいままに、
旬の食材をさらっと盛りつけたくなる、
器としての力が満ちている皿です。

14_6_cool_0149.jpg

四季を通して、使い方を工夫し、
楽しめるところはこの器のクオリティが、
高いからこそと思います。
使うほどに愛着が湧き、
工夫するほど様々な表情をみせてくれる、
裏切ることのない逸品です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/2979-82c5cb89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad