うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ことことと行平土鍋でこっくり煮炊き

秋色の器展から光藤佐さんの、
鉄絵土鍋行平をご紹介します。

14_autumn_0130.jpg
光藤佐 鉄絵土鍋行平大 17,280円
径17cmH14cm


片口のような口と片手の取っ手がある、
その姿が温かなご馳走になります。
最先端の電気炊飯器では内釜に土鍋を使うほどに、
その性能は認知されていると思います。

14_autumn_0131.jpg

行平鍋仕立てなので口が開いていますが、
焚く量をひかえれば(二合ぐらいは)、
甘庵の経験からでは問題なくご飯も炊けまし、
行平の得意とされることこと煮込む料理は、
大の得意メニューです。

14_autumn_0132.jpg

わずかな火でじっくりと、
柔らかく煮込むには最適とされています。
秋の味覚を楽しむ炊き込みご飯から、
これからの季節に美味しい、
豆料理、煮込み料理と活躍する鍋です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3060-234ac640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad