うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

同じ形でも木目で表情が変ります

開催中の武井順一さんの個展から、
今日はケヤキ一輪挿しを2点ご紹介します。
ほぼ同じ大きさですが、
木目の違いで表情の全く違う2点です。

14_takei_0114.jpg
武井順一 ケヤキ一輪挿し 27,000円
ケヤキ 吹き漆 径17.2cmD2.8cm


このような木目を活かした木の器や作品は、
一つずつで二つと同じものがなく、
器や作品との出会いは一期一会そのものです。

14_takei_0111.jpg
武井順一 ケヤキ一輪挿し 27,000円
ケヤキ 吹き漆 径17.3cmD3.2cm


静かで芯の強さを見せる木目と、
根に近い部分なのか虫食いや渦巻く木目という、
反する表情を見せる二つの対比は面白く、
木目それぞれの魅力を見せてくれています。

14_takei_0150.jpg

内径1.5cm深さ9.5cmの金属のオトシが仕込まれていて、
山野草など一輪活けることで、
ナチュラル素材が引き立てあう風景になります。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3070-0ed04857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad