うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

器選びの3つのポイント

開催中のうつわ塾のテーマの「料理が映える器」から、
今日は甘庵が器を選ぶときの、
3つのポイントをご紹介してみます。

14_haeru_0097.jpg
小野寺友子 白磁片口 4,968円
径15cmH7cm


1.肩書きより好みの器
自分で使う器を選ぶのですから、
自分の好みで選ぶの基本です。
毎日使うのが楽しくなる器なら、
ドンドン使って器の表情も育っていきます。

14_haeru_0046.jpg
光藤佐 鉄釉鉢4.5寸 3,240円
径12.7cmH6cm


2.料理が思い浮かぶ器
これもご自分が使うための器なのですから、
使う場面をイメージして、料理が盛られたところが、
3つ4つと浮かぶ器が理想的です。
実際に使ってみて違うレシピを試したくなるような、
器から刺激をうけることも良くあります。

14_haeru_0022.jpg
中條正康 パピルス・ロータス多用鉢 6,480円
径13.5cmH7cm


3.美味しそうな器
姿形も健康的で、やきものならカラッと良く焼けていて、
器自体が美味しそうなことは大切です。
侘びていくのと、汚れてしまうのは別のお話です。
しっかり焼けてていれば、汚れにくく丈夫です。

器は使ってこそ活き活きした表情を見せます。
使うことを思い浮かべて、
ご紹介した3つのポイントを参考にして、
使いたくなる器を選んで見てください。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3084-f5c812b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad