うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

おもてなしの長皿

開催中の「さらサラ皿展」から、
今日は伝統とモダンの対比する長皿を、
二点ご紹介してみます。

14_sara_0311.jpg

たとえばいつもの料理でも、
丸皿に日常的に盛りつけとは違うテンションで、
気合いの入った盛りつけることになり、
結果として自然とおもてなしのしつらえになります。
どちらの長皿にも共通する点です。

14_sara_0203.jpg
藤田佳三 安南手四足舟形皿 21,600円
W36cmDc15mH3.5cm

14_sara_0205.jpg

こちらは藤田佳三さんの安南手舟形皿です。
安南もしくは絞り手といわれる、
伝統的な手法の気品のある長さらに仕上がっています。
それでも古くさいところはなく、
藤田さんらしい納まりが随所に見え、
全体として新鮮に感じられる仕事はさすがです。

14_sara_0206.jpg
稲垣明子 面取り長皿 定価8,100円
W44cmD18cmH3.7cm

14_sara_0208.jpg

もう一点は稲垣明子さんの面取長皿です。
藤田さんの本体の曲面が美しい舟形皿とは異なり、
ほぼ平らな板皿ですが、
それでも平面的ではなく、立体感を感じさせるのは、
リム状に施された力強い面取りが生きています。
線文をみせている施釉にも工夫があり、
見込み底面に変化をみせています。

どちらの皿も盛りつけの工夫が、
楽しくなってくる長皿で、
案外自分や家族へのおもてなし皿として、
出番が多くなりそうです。
 
              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3094-5bf8d8e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad