うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

この大きな板皿は料理を優しく受けとめます

開催中の「さらサラ皿展」から、
今日は野波実の白磁大板皿をご紹介してみます。

14_sara_0198.jpg
野波実 白磁大板皿 21,600円
W40cmD22cmH4cm


紙のサイズのA4にもう半分をつなげた大きな板皿で、
ディテール隅々まで細やかな思いで手の入っていて、
量感だけではなく、作品としての存在感があります。

14_sara_0199.jpg

個展作品や公募展作品には、
作品としての完成度は高く美しいいのですが、
料理を盛るのを倦厭しているような鉢や皿や、
花を活けるのを想定していないと思われる花器を見かけます。

14_sara_0200.jpg

この大板皿も作品としての質も高く、
皿だけで見ていても美しいのですが、
料理を拒むどころか、優しく受けとめ、
料理を盛ることで器としてより、
煌めく力をもっています。

甘庵はやはり、使える器が好きです。
器は、使ってこそ活き活きするという、
器へ思いを基本のスタンスで、
橋渡しをさせていただきます。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3100-21d99b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad