うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

角掛政志 使いたい器 展がはじまりました

天気予報に雪だるまマークが見え出しました。
荻窪も朝晩が急に冷え込みました。

でも、今日から角掛政志 使いたい器 展がはじまる荻窪銀花は、
角掛さんの温かいイメージの器であふれています。
角掛さんの個展は久々ですが相変わらずの、
軽やかに焼き上がったシャープな造形の器が並びました。

14_tunokake_0106.jpg
黒艶ポット 木金属取手 19,440円
平均のサイズ:径12.5cm本体H10cm取手含H16cm
平均の容積:600cc


角掛さんの注器のファンは多いと思います。
切れが良く、個性あるデザインも素敵で、
注ぐのが楽しみになるものばかりです。
今日はその中から新しいイメージの、
黒艶ポット木金属取手をご紹介してみます。

14_tunokake_0107.jpg

どこか懐かしいコロンとしたフォルムで、
艶やかな黒釉が個性を際立たせています。
可動のハンドルは金属のツルと木の取っ手で、
給湯、茶殻捨て、洗いなどがしやすく、
取っ手が熱くならず、熱々の湯でいれる、
紅茶、焙じ茶などにぴったりです。
容積もたっぷり入るのも嬉しいです。

14_tunokake_0112.jpg

細かいス(茶を漉す部分)で、
ほとんどのお茶をこのまま注げるのも、
使い勝手のよく、美味しいお茶を楽しめます。

                甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3103-fc503a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad