うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ゆったりした作りの中にある品格

光藤佐展から灰がかかり窯変を見せている、
白磁高台皿をご紹介してみます。

15_mitufuji_0239.jpg
白磁高台皿 14,040円 径16cmH10cm

一点の汚れも、歪みもない、
完成度の高さを目指して作られた白磁とは、
まったくことなる白磁です。
どこか李朝白磁を思わせます。

15_mitufuji_0241.jpg

穴窯で焼かれ薪の灰がふり、
ゆるやかな歪みがあり、
高台には緋色が見えています。

15_mitufuji_0040.jpg

鋭さよりも柔らかな印象をうけます。
繊細よりも大渡かな表情をもっています。
それでも、姿からは凛としたものが感じられ、
品格を備えています。

四季折々の晴れの場のもてなしの席での、
盛りつけやしつらえのときに、
しっかりと力を発揮するでしょう。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3157-53c63975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad