うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

花を一輪挿すだけでパッと華やぎます

光藤佐展から表情や個性がそれぞれの、
掛け花入れを3点ご紹介します。

15_mitufuji_0155.jpg

掛け花入れはたくさんの花を活けるのではなく、
一輪、一枝を活けて、
花と花器と五分の掛け合いを、
楽しむめる花器です。

15_mitufuji_0153.jpg
白磁掛花入 19,440円 径6.3cmH16.5cm

絵を掛けて楽しむように、
平面のスペースが少なくても、
ちょっとした壁面があれば、
もてなしの演出ができます。

15_mitufuji_0152.jpg
安南掛花入 11,880円 径5.7cmH11cm

光藤さんの掛け花は、
侘びた表情なのですが、
器が料理を盛るとパッと映えるように、
花を一輪活けるとパッと華やぎます。

15_mitufuji_0151.jpg
白磁掛花入 19,440円 径6.5cmH19.5cm

難しく構えなずに、
一枝を挿すだけでも、
植物の力が感じ取れて、
そこに自然の力が見えてくる、
小さな空間が浮かびあがります。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3163-5c56cc48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad