うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

伝統を踏まえながらもオリジナルな碗

渋い穴窯作品が中心の光藤佐展から、
光藤さんの違った面が見えるモダンな作りの、
飯碗をご紹介してみます。

15_mitufuj_0324.jpg
白磁鎬飯碗 4,860円 径11.5cmH7.2cm

彫刻的な鋭い鎬がほどこされた、
堅い質感のマットな釉調の白磁の、
少し大きめの飯碗です。

15_mitufuj_0325.jpg

素地に加えられた石が、
鎬を削るときの動きを見せていて、
力強さと躍動感のある造形です。

15_mitufuj_0326.jpg

素地にわずかに含まれる鉄分が、
還元炎のなかで灰色がった青さを生じて、
マットな釉調をよりクールでモダンに見せています。

それでいて、鎬のない見込みや口縁や腰などから、
無駄のない達者なロクロを垣間見せるフォルムで、
手持ちが軽く、持ちやすく、見込みが深い、
使い勝手の良い碗に納められています。

伝統を踏まえながらも、
オリジナル性の高い、
潔さを感じる好まし飯碗です。

         甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3167-055a4f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad