うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

レトロな感じに惹かれるガラスのピチャー

注ぐうつわ展から今日は、
西川孝次さんの懐かしさを感じる、
スキモールピチャーをご紹介してみます。

15_sosogu_0126.jpg
西川孝次 スキモールピチャー 13,000円
W14.5cmD11cmH16cm 容積800ccほど


西川さんのガラス器は、
少し色を含んだ素地や生み出すフォルムから、
レトロなガラス器を思わせる趣があります。

このピチャーもお得意の金型使いで施された、
深くてはっきりしたモールに光が溜まり、
素地の色を強調して黄金色に煌めき、
アンティークなガラス器をイメージさせます。

15_sosogu_0127.jpg

口は水切りに大切ですが、
ガラスは性質上壊れにくさを考慮しないとなりません。
このピチャーは、欠けにくい形と切れの良さを、
天秤にかけた結果の実用のフォルムです。
注いで切ろうといく気持を持って、
注ぐことで「ほぼOK」という納まりです。

ハンドルはしっかりとしていて、
手に馴染み程よく入れて800cc、
つまり800g+自重を安定して注げる、
安心感のある作りです。

15_sosogu_0128.jpg

注いで使う器ゆえの姿は、
道具の美しさがあり、
それは見立ての花入れとしても、
使いたい思いを起こさせます。

活けた花と透けてみえる水も楽しみたい、
暖かな季節になりました。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3196-a25b7a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad