うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

丼としては小振り飯碗としては大振りだから使える碗

新たな気持で新年度を迎えている人々を、
祝っているに満開の桜から花吹雪が降りはじめました。
開催中の自分の器 マイカップ 展から、
今日は使える大きさの藤田佳三さんの小丼を、
ご紹介してみます。

15_mycaup_0155.jpg
藤田佳三 赤絵小丼 4,320円
径13cmH8.3cm


掌の程よい大きさで丼としては小振りで、
飯碗としては大振りだからこそ、
身近で使えるサイズだと思います。

15_mycaup_0156.jpg

青年までの男子なら自分の碗としてもよし。
女性なら丼としてヘルシーなサイズです。
具だくさんの味噌汁やスープを盛っても、
鉢としても、ボウルをしても使えます。

15_mycaup_0157.jpg

吉祥の唐草文が藤田さんらしく、
華やかで明るく描かれています。
手抜かりないのは見込み縁や見込み絵も、
可愛く描かれていて、
食べているときも食べ終わりまで、
楽しませくれます。

粉引ベースなので使っていくほどに、
貫入も入り侘びていく表情も、
自分の器をして長く楽しめます。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3210-5de6f5c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad