うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

勢いがある線描の鳥文ゆのみ

開催中の自分の器 マイカップ 展から、
今日は村木律夫さんの、
搔き落とし鳥文ゆのみをご紹介してみます。

15_mycup_0021.jpg
村木律夫 銀彩鳥文湯呑み 3,780円
径7cmH8.8cm


白化粧した板地に鉄絵で、
大まかなフォルムを走り書きし、
搔き落としの線文で、
ざっくりと輪郭を描きだしています。
速い動きを撮影したときのように、
の羽や足に躍動感が表現されています。

15_mycup_0170.jpg

切立をいわれる筒状の形の画面いっぱいに、
大胆に描かれていて、
回して見ていかないと一方向からでは、
構図の全体を見れないところも、
遊び心のある計算された構図のようです。

15_mycup_0022.jpg

丁寧なロクロ、口作り、高台削りを、
使うときには長く飽きのこない、
真摯な仕事も村木さんらしい、
「マイゆのみ」の姿です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3212-06a04ed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad