うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

こんがり良く焼けて美味しそうな飯碗

開催中の自分の器 マイカップ 展から、
今日は光藤佐さんの穴窯で焼かれた、
粉引飯碗をご紹介してみます。

15_mycup_0175.jpg
光藤佐 粉引飯碗 4,860円
径11cmH5.5cm


穴窯の後ろの方で焼かれたそうで、
手前の焚き口のような灰かぶりや炭化のような、
荒々しい窯変ではないのですが、
降った灰がとろんと溶けたり、
ほんのり赤い御本が出たりと、
一つずつの表情をみせています。

15_mycup_0173.jpg

優しく温かみのあるロクロのフォルムと、
ほんわかした粉引の白さも、
よくやけているので早々には侘びてこないでしょう。
ガンガン使っていただいて、
時間が経つと少しずつ落ち着いた趣が、
出てくることでしょう。

15_mycup_0174.jpg

じっくりと、しっかりと、
芯までこんがり焼けていて、
飯碗そのものがとても美味しそうです。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3213-37f3e661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad