うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

たっぷり入るので色々使える蕎麦猪口

今日も3月中頃の気温で肌寒く感じる荻窪です。
お買い得品に出会える決算市が開催中です。
今は雨もあがり明るくなってきています。
ぜひお出かけください。

その決算市会場から今日は、
大きめの蕎麦猪口をご紹介します。
天ぷらなどの具と一緒に食べるときには、
使い勝手よいたっぷりの大きさです。

15_kessan_0019.jpg
村木律夫 チョーク描そば猪口 4,320円 径9cmH8cm
決算市中は定価の20%引き(丸銀会員は定価の25%引き)

そのため蕎麦猪口だけではなく、
小鉢として盛りつけたり、
手に持ちやすいのでたくさん飲みたいときや、
お汁粉、ところてんなど和のスイーツなど、
ともかく色々使えてしかも盛り映えするので、
ひと味アップで美味しく使いまわせます。

15_kessan_0020.jpg

村木さんお得意のチョークの絵付けが、
土肌のざくっとした質感を見せ、
青みのある釉薬と腰の鉄釉のコンビネーションと、
よくみると手の掛かったデザインです。

丁寧で良く焼いている仕事なので、
丈夫で使いやすいので多様に使ってもらえ、
長く愛用していただけます。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3218-f84ea3e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad