うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

華があって普段使える器

昨日から藤田佳三さんの個展がはじまりました。
初日から待ちかねたファンの皆様に、
たくさんお出かけいただき、
昨日のブログをアップできませんでした。
申し訳ありません。

その「華のある普段器展」から、
まさに華があって毎日の食卓で活躍してくれる、
赤絵片口小鉢をご紹介してみます。

15_fujita_0083.jpg
赤絵片口小鉢 4,320円 径11.5cmH6cm

注ぐための器の片口は、
口があるためにアシンメトリーな姿は、
どこか心挽かれます。

この片口のフォルムを活かして、
可愛い姿大きさにまとめてある、
藤田さんの片口鉢は人気です。

15_fujita_0100.jpg

藤田さんの赤絵は華やかで雅で、
親しみもあって料理を映えさせるので、
晴れの料理から、毎日のお総菜まで、
使うと器が活き活きとして、
食卓を華やにして楽しませてくれます。

15_fujita_0101.jpg

また、注ぐ目的ではない片口鉢ですが、
口の始末のしっかりしているので、
ほとんどがスムーズに注げて、
軽めの晩酌にも使いたくなるサイズです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3229-75d4c61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad