うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

それぞれに魅力ある二つの楕円鎬小鉢

開催中の藤田佳三 華のある普段器展から、
今日は二つの鎬楕円小鉢をご紹介します。
一つはファンには馴染みのある安南染付で、
もう一つは今回の新作になる飴釉釘彫りです。

15_fujita_0102

ロクロの上手な藤田さんですが、
型物も秀逸な技を見せてくれます。
特にこの楕円鉢のように縦横比がことなる器は、
土もの(陶器)の場合は歪みや切れが出やすく、
歩留まりを確保するには巧みな技量が必要です。

15_fujita_0103.jpg
安南染付鎬楕円鉢 3,780円 W20cmD11.5cmH4cm

形物といっても量産の器や衛生陶器やタイルのように、
鋳込みで作る物とはことなり、
手の仕事ならではの一つずつの表情があり、
絵付けを含めて出会いとなります。

15_fujita_0104.jpg
飴釉釘彫楕円小鉢 3,456円 W20cmD11.5cmH4cm

安南染め付けは呉須(酸化コバルトなどの絵の具)を、
絵筆で描く柔らく滑らかな文様です。
飴釉釘彫りは素地に文様を彫って、
そこに釉が溜まって見せる力強い絵付けです。
手法それぞれの魅力があります。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3230-c9cb20cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad