うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

美しい陰影を作り出すボール

巳亦敬一 彩りガラス器 展から、
今日は「新スキボール線巻き」をご紹介してみます。

15_mimata_0117.jpg
新スキボール 線巻き 3,672円 径12.5cmH7cm

底から上に口縁にかけて直線的に広がる、
さりげない形で使い勝手の良さは、
間違いないシンプルなガラスのボールですが、
光の下で照らされるとこの器の秘めた、
巳亦さんのデザインを目で見て体験できます。

15_mimata_0060.jpg

モールのある筋に細いガラスを巻いた線文が、
光をうけて煌めく様子は素敵なのですが、
その時に作りだす陰影がさらに綺麗で、
このボールを使う時にはライティングにも、
心配りして楽しみが広がるでしょう。

15_mimata_0059.jpg

「新スキ」と言う名は、
透明と言う意味のスキガラスで作られたいる、
巳亦さんの器のアレンジバージョンで、
光を受けることで飴色、黄金色に煌めくガラスを、
「新スキ」を呼んでいます。

「新スキ」のシリーズには、
この黄金色の煌めきに加えて陰影の演出を、
仕込んでいるものがほとんどで、
飲み物も、デザートも、御料理などが、
美味しそうに盛り映えしてさらに、
光での演出も楽しめるガラス器です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3251-37210f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad