うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

会津本郷 樹ノ音工房展がはじまりました

今日から会津本郷 樹ノ音工房がはじまります。
佐藤大寿さんとサトウアカネさんご夫婦の、
名前から一文字ずつをとって作られた工房名のとおり、
会場もそれぞれに個性的が見える器が並び、
対比がりながら、自然な組合わせになっていて、
楽しい催しになっています。

15_kinooto_0044.jpg
鉄釉鎬七寸皿 3,456円 径21.5cmH3.5cm

お二人は違った作風でも、使いやすい器であることと、
リーズナブルな点は樹ノ音工房の共通の魅力です。

15_kinooto_0043.jpg

今日はまず佐藤大寿さんの作品から、
3種の鎬七寸皿をご紹介してみます。
「最近、土地の原料を使って作ったあめ釉と灰釉にこだわって制作している」
というだけあって今回のあめ釉と灰釉はとても良くできています。

15_kinooto_0045.jpg
灰釉鎬七寸皿 3,456円 径22cmH3.6cm

伝統的でありながらも、
鎬や皿のフォルムはモダンで、
今の食卓にのぼる料理を盛り映えさせる、
素晴らしさがあります。

15_kinooto_0041.jpg

そしてこの七寸皿もとてもリーズナブルです。
甘庵は昔から若い作り手に、
「価格と付けるのは難しいけど価格も腕の内ですよ」と、
生業ですから損してはいけませんが、
お客さまにもお得感を盛っていただけるのが、
プロならではの仕事です。
その点、お薦めできる素晴らしい七寸皿と言えます。

                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3257-5d058c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad