うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

お母さんだからできた加彩シリーズ

会津本郷の樹ノ音工房展から、
今日はサトウアカネさんの楽しい豆鉢をご紹介します。
色々な絵柄が届いたですが、
毎日減っていって慌ててご紹介しています。

15_kinooto_0140.jpg
加彩まめ鉢 864円 径8cmH3.5cm

加彩と呼んでいるこのシリーズは、
アカネさんがお母さんとして、
ご自分のお子さんが喜んでくれる器として、
作り始めたそうです。
そんな愛情が感じられる絵柄ばかりです。

15_kinooto_0141.jpg

アカネさんは元々粉引が好きで作られていて、
その粉引を掻き取り絵柄の輪郭と描きます。

粉引の白い素地に濃茶の線で描かれた絵柄に、
色を付けた化粧土や、絵の具で彩色して、
透明な釉薬を施します。
下絵になるので絵が摺り減ることもなく、
日常使いの扱いも楽です。

15_kinooto_0142.jpg

一つずつ線描して彩色しているので、
同じ絵柄でも微妙に違うところを発見すると、
嬉しくなってしまうところは、
手仕事の器ならではの温かみです。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3260-f671cfae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad