うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

色とりどりの盃を楽しむ

会津本郷の樹ノ音工房展から、
今日は佐藤大寿さんの四種の釉薬による、
七つの盃をご紹介します。
それぞれに可愛くていくつか揃えたくなる盃です。

15_kinooto_0151.jpg

灰釉、あめ釉、ルリ釉、白マット釉の四種の釉薬で、
鎬の太さを変えたり、鎬のないタイプなど、
揃って並ぶと釉薬の見本のようで、
揃えて楽しみたくなります。

15_kinooto_0151.jpg
 左:ルリ釉鎬盃 864円 径7.3cmH4cm
中:飴釉鎬太盃 864円 径7.3cmH4cm
右:灰釉盃 756円 径7.3cmH4cm


同じ形なので、
人数分違うものにして、
しつらえるのもありです。
また盃ではなく珍味や薬味入れ、
ジャムやディップやソースなどで、
食卓にアクセントのあるしつらえに使うのも、
楽しい演出になるでしょう。

15_kinooto_0149.jpg
左:白釉鎬細盃 864円 径7.3cmH4cm
右:灰釉鎬盃 864円 径7.3cmH4cm


灰釉やあめ釉など自然の灰仕立てならではの、
一つずつ顔つきが微妙に違うなかから、
自分好みを選び出すのも楽しみになります。

15_kinooto_0150.jpg
左:飴釉鎬細盃 864円 径7.3cmH4cm
右:白釉鎬太盃 864円 径7.3cmH4cm


そして樹ノ音工房さんらしい、
756円、864円という価格です。
手仕事でしっかり作りながらも、
気軽に使ってもらうことを信条になさっているのでしょう。
この価格があってこそ、いくつか揃えて、
楽しみたくなるのも大きな魅力です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3263-a84b6f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad