うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

追加の練り込み鉢が届きました

会津本郷の樹ノ音工房展から、
今日は追加で届いた佐藤大寿さんの、
彩り豊かな練り込み鉢をご紹介します。

15_kinooto_0157.jpg
練り込み鉢 6,480円 W22cmD21.5cmH5.3cm

色を加えた素地を作り、
それらを板にしたものを、
幾つも貼り合わせ、
複雑に組合わせることで、
文様を作り出します。

15_kinooto_0158.jpg

サトウアカネさんは、
「素地の発色や釉薬の実験をするのが好きなんです。
手間の掛かることが苦でないようです」
と大寿さんの仕事の姿勢を話してくれました。

15_kinooto_0159.jpg
練り込み鉢 6,480円
奥:径21.5cmH5cm
左:径22cmH4.8cm
右:径20cmH5.5cm


ご紹介している手間の掛かる練り込み作品を、
この価格で作り出せることからも、
大寿さんの腕がよくわかります。

15_kinooto_0160.jpg

作品ではなく器の価格で、
安定して作ることが出来て、
暮らしの中で使ってもらいたいと、
器を作っているのは、
樹ノ音工房の姿勢ですね。
器好きには嬉しい限りです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3264-c8b67aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad