うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

一つずつのフォルムが綺麗な片口

小野寺友子 モダンですけど和です 展も、
今日が最終日になりました。
一見は何気ない粉引片口鉢をご紹介します。

15_onodera_0344.jpg
粉引片口鉢 5,400円 W21cmD16cmH9cm

片口のアシンメトリーの魅力を活かした、
注ぐより盛り映えを活かす鉢です。

15_onodera_0114.jpg

小野寺さんの器は揃いの5寸皿でも、
ちょっとした部分や刷毛塗りの釉調など、
同じ姿の器を作るより、
作るごとのその器を一生懸命に作り出すので、
一つずつの美しさをもつ器になります。

15_onodera_0115.jpg

丁寧に比べてみると違います。
一つずつ、それぞれに魅力があります。
最後は善し悪しではなく、
選ぶ人、使う人の好みになります。
ちょうど5人組のアイドルから選ぶと、
それぞれのファンに分かれるような、
そんな感じと思っていただいて良いと思います。


「私のうつわは料理に助けられるんです」と、
一つずつ気持ちを込めて作られている、
小野寺さんの器は本当に料理が盛られた時が、
一番綺麗で活き活きとして輝きます。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3281-d3657241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad