うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

澄んだガラスの厚みが魅力

開催中の荒川尚也 宙吹きガラス展から、
今日は大小のアイスボールをご紹介します。

15_arakawa_0187.jpg

アイスボールは小鉢や深い鉢の形状ですが、
小鉢や鉢ならあり得ない厚みがあります。
それはそのまま重さになり、
手に持つとずしりと感じます。

たとえばこの重量感のグラスなら、
使いづらいと感じるはずですが、
アイスボールはこの重みに好感がもて、
このボールの一番の魅力になっています。

15_arakawa_0188.jpg
左:アイスボウル 12,960円 径16cmH12.2cm 1.4kgほど
右:アイスボウル 6,480円 径11cmH7cm 700gほど


重さ自体がオブジェとしての存在感を与え、
澄んだ素地の厚みがもたらす、
レンズの効果に心惹かれます。

アイスボールの名前のように、
氷のようなボールのようで、
窓辺、照明の下と光に効果が楽しめて、
ガラス好きには手元にあるだけで嬉しくなります。

15_arakawa_0186.jpg

その後に使い方の楽しみがやって来るのかもしれません。
小さい方は安定感をいかしてナッツやディップをいれて、
大きい方は氷り入れや、水を見せて活ける花器など、
暮らしにあわせて使い出すといろいろ楽しめそうです。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3301-5bde3dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad