うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

秋を感じたら酒器が楽しみになってきます

今日、立秋の荻窪は昨日までの暑さに比べるとずいぶん楽に感じます。
それでも既に30℃なのですが、昨日の38℃に比べると、
なんだか涼しいかもと一瞬感じてしまうほどでした。
35年目の大感謝祭もあと二日間です。
お出かけやすい今日はご来店いただくにはお薦めです。

15_kansya_0027.jpg
前川俊一 銀彩片口 定価8,640円
W13cmD7.5cmH10cm
遠山秀一郎 青磁注ぎ器 定価6,480円
W14cmD10cmH14cm
堂前守人 ぐい呑み(湯呑み) 3,240円
径 5.5cmH7cm

感謝祭中は定価の30%引き

本日のお薦めのお買い得品は、
お酒が美味しく楽しめる酒器を、
ご紹介してみます。

銀彩片口を白磁注器とたっぷり目の杯です。
それぞれに華やかで個性があり、
肴になる酒器です。

片口や注器は注ぐのが楽しみになることが大切です。
注ぎ心地や切れぐあい、音などが味わいになります。

15_kansya_0301.jpg

杯は、手に持った掌や口あたりが大切です。
これは善し悪しというより好みなので正解はなく、
癖があるくらいがお好きな方や、
端正で静かな趣がお好きな方と、
人それぞれなところがまた面白みを誘います。

ご紹介している酒器がお気に召せば、
とってもお買い得なお買い物になります。
これ以外にも常設コーナーにも酒器があります。
ぜひお出かけになってみてください。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:激安・お得・最安値情報 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3323-7828d2b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad