うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

プロが認めるコーヒー碗の魅力

開催中の葛西義信さんの「のどかな絵付けの器展」から、
今日は丈夫で使い勝手の良さから飲食店でのプロユースも多い、
コーヒーカップソーサーをご紹介します。

15_kasai_0237.jpg
葛西義信 ブルーグレー編目コーヒー碗 5,832円
カップ:径8cmH7.5cm 程よく入れて130cc
ソーサー:径15cmH2.3cm

8種届いていますのでちょっと迷いましたが、
まずは甘庵好みの2種の選びました。
一つ目は染め付けの筒型のカップで、
編み目文が美しく描かれています。

15_kasai_0238.jpg

飲み口に工夫があります。
筒型のままだと飲みにくいことがある口を、
たまりを設けたふくらみのある口です。
いつもながらとても持ちやすく安定したハンドルも、
葛西さんのコーヒー椀のファンが多い理由の一つです。

15_kasai_0243.jpg
葛西義信 鉄ブドウ樽型コーヒー碗 5,832円
カップ:径8.5cmH7cm 程よく入れて150cc
ソーサー:径15cmH2.3cm


二つ目は鉄絵の樽型カップに、
葛西さんの器では定番の絵柄の、
ブドウ文が鉄で力強く描かれています。

15_kasai_0244.jpg

余市のブドウ畑の真ん中に開窯した「あい山窯」で、
その土地に根ざした焼き物をという思いから、
生まれた記念的な文様の一つです。

現在の岩見沢に移ってからも、
描き続けてますます熟成していって、
飽きのこない文様になっています。

葛西さんのコーヒー椀には共通ですが、
ソーサーにはカップ受けの凹みがなく、
見込みが平らに納められていて、
5寸リム皿として実に使いやすく、
ちょっとお皿だけ使いたくなるほどのソーサーです。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3339-48f85b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad