うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

艶やかでいて凛とした六角鉢

開催中の葛西義信さんの「のどかな絵付けの器展」から、
今日は二つの六角鉢をご紹介します。

15_kasai_0346.jpg
葛西義信 木イチゴ 六角鉢 15,552円
対角17.5cmH7.3cm


釉裏紅と染め付けの木イチゴ文と、
染め付けのブドウ文の2つです。
多くの丸い鉢よりも手間を掛けているのは、
その分、稜線の美しい凛とした姿になり、
晴れの器としての力強さに満ちてきます。

15_kasai_0347.jpg

サイズが少し違いますがそれぞれに使い勝手の良いサイズです。
六角鉢の存在感は食卓に変化と艶やかさを与えてくれます。

15_kasai_0240.jpg
葛西義信 ブドウ文六角鉢 19,440円
対角19cmH8.3cm


見込みにも腰にも絵柄が描かれていて、
存在感を主張しているようですが、
不思議と料理を盛りつけると、
主役は料理をなり美味しそうに映えさせます。

15_kasai_0239.jpg

多角的な形は角が多いのですが、
日常にもバンバン使っていただけるようにと、
欠けにくい配慮のある角や縁の納まりになっているのは、
使える器作りとしての葛西さんが自負するところでしょう。

四季を感じる暖かな手料理が似合う、
使いやすくて飽きのこない六角鉢です。

               甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3345-bf8a5de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad