うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

品がある黒い器は料理映えが抜群

開催中の「真っ黒でない黒い器展」から、
今日は多くのファンがいる光藤佐さんの、
黒釉八角鉢をご紹介してみます。

15_black_0434_201509191041108b2.jpg
光藤佐 黒釉八角鉢
6.5寸 7,020円 対角20cmH7.5cm
6寸 5,940円 対角18.5cmH6.5cm
5寸 3,780円 対角15.5cmH6cm


この鉢は気軽に多目的に使っていただいても、
料理が美味しそうに盛り映えすると評判をいただいています。
そこにはご自分でも料理をする光藤さんならではの、
器のフォルムと黒釉だけど真っ黒ではない黒という、
二つの仕掛けが大きく働いています。

15_black_0432.jpg

見込み深さと口径の絶妙のバランスと、
手に持ちやすくて美しいフォルム、
八角に仕立てられた印象深いデザインが、
さりげなく料理の納まりの良さを生み出しています。

15_black_0433.jpg

そして黒くない黒釉は、
鉄が主体の発色ですが、
工業生産の酸化鉄ではなく、
昔ながらのベンガラで調整されています。

ベンガラにも色々あるのですが、
光藤さんが黒釉に使っているベンガラは、
昔ながらの鉄分の多い土を焼くなどの行程から生まれたもので、
工業生産品より不純物が多く含まれているのでしょう。
天然の灰などで調整する黒釉と相まって、
この不純物が深みのある色合いを生み出し、
時に結晶の核になり窯変を見せてくれます。

天然の素材だからこそ自然と生まれる、
美味しそうな「やきもの」ができているのでしょう。
当然料理も美味しそうに盛り映えします。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3350-3010aca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad